【プログラミング】プログラマーになるのはかんたんか?

■結論

プログラミングなんてかんたんだ、という人がいる。

勘違いしない方がよいのは、その人にとってはかんたんでも、他の人にもかんたんだと思わないことだ。

本気でプログラマーになろうと思うのであれば、プログラミングの知識だけでなく、その周辺の知識、広い意味でのITに関する知識がなければいけない。

その知識を身につけるだけでも大変なのだから、プログラマーになろうとする人は、相当の覚悟が必要になる。

■ツイート内容

プログラミングを理解しようとすればするほど、周辺知識の必要性と理解すべき範囲が広いことを実感するだろう。
かんたんにプログラミングスキルを身につけられると言う人がいるが、言っている内容や背景を理解していないと間違った判断をしてしまう。
プログラマーを目指すには覚悟が必要だ。

■根拠

ITの業界は日々進歩しており、次から次へと新たな技術やサービスが生み出されている。

それに追い付いていかなくてはいけないから、今も勉強が必要である。

長年システム部門にいる人間でさえそうなのだから、これからプログラマーを目指す人は当然同じように知識を蓄えていかないといけない。

現時点ですでに大きな差がある訳だから、追い付くのは大変だ。

プログラミングを学んでいる人は、いずれなにかしらの形で、そうした人たちと関わっていかないといけないので、それなりの覚悟をもつことが求められる。

あなたはその覚悟をもっているだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です