【仕事】時間とエネルギーの使い方

■結論

誰にでも平等に与えられたものがある。

そう、時間だ。誰でも等しく1日24時間が与えられている。

それと誰もが等しくではないが、その人が1日に使えるエネルギーも決まっている。

この時間とエネルギーの使い方が最も重要である。

ほとんどの人はこの時間とエネルギーの使い方を意識していない。

ただぼーっと右から左に受け流すようにしてしまっている。

人が手にしているのに差があるとしたら、この時間とエネルギーの使い方の差だ。

それを人は才能のあるなしで片づけてしまうが、本当はそうではない。

時間とエネルギーをどのように使うのかを気にしながら行動すれば、多くのことを改善することができる。

■ツイート内容

人が使える1日の時間とエネルギーは有限だ。
だからこそ何に使うかがとても重要になる。
スキルを高めることに使うのか、ボッーと動画を眺めるのか。
意識してないとなにもせず、時間は過ぎていく。
同じようにエネルギーもどんどん減っていく。
エネルギーの配分も気をつけよう。

■根拠

時間とエネルギーの使い方を意識していない人は、なんとなくテレビを見て過ごしたり、どうでもよいことで悩んだりして時間とエネルギーを浪費してしまっている。

ただ目的もなくテレビを見たり、YouTubeで動画を見たり、深夜まで同僚と会社の愚痴を言いあったり・・・、こうしたことを続けていて自分の人生が良くなる、改善されることがあるのだろうか。

人の目を気にして行動できなかったり、お昼のランチをどうしようかアレコレ迷ったり、着ていく服をどれにしようか悩んだり・・・、こうした何気ないことにも実はエネルギーを使っている。そうすると大事なことや重要なことを考えないといけない時にエネルギー不足で良い方法を思いつかないことになる。

朝起きてから夜寝るまでの間に、この時間とエネルギーはどんどん減っていき、その日に使える時間とエネルギーは1日の終わりと共になくなってしまう。有限なのだ。

だからこそ、この時間とエネルギーを何にどう使うかは超重要なことになる。

この時間とエネルギーをどう使うかは今すぐにでも始められることだから、今すぐ意識して考えながら行動するようにしよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です