【仕事】成果を出すためには好きなことに集中しなければいけない【イチロー選手の引退インビュー】

明日から新しい年度が始まるにあたり、成果を出すためにはどうしたらよいか?

明日から新しい年度が始まります。そして新しい元号も発表され、新しい時代が始まります。
今度こそ成果を出したい!
気持ちも新たに頑張っていきたいと考えている方に向けた記事です。

本記事の内容
・成果を出すためにはどうしたらいよいか
・イチロー選手の引退インタビュー
・明日からどうしたらよいか

■成果を出すためにはどうしたらいよいか

「明日から新しい年度が始まるね」
「新しい元号も発表され、いよいよ平成の時代も終わりだなぁと感じるよ」
「新しい年度、新しい元号、気持ちを新たに目標を立てて成果を出したいな」
「そうだね。新年や新年度が始まる時は目標を立てて取り組むのは良いことだよね」
「でも今まで毎回目標を立てるんだけど、ちゃんと成果を出せずに終わっちゃう・・・」
「成果を出すための考え方、方法を理解しておく必要があるね」

成果を出すためには、ある程度の時間取り組む必要があります。
ちょっとやってみて、すぐにできて成果も出せるとよいのですが、そんなことはありえないとみんな理解しています。

できないことができるようになるまでには、何度も何度も何度も練習して、何度も何度も何度も 失敗して、そしてまた何度も何度も何度も練習して・・・そしてできるようになります。

できるようになると、成果が出せるようになります。

キーワードは「継続」です。
何度失敗しても、できるようになるまで続けることが必要不可欠です。

「継続」が必要なことはわかった!
でも「継続」って簡単にできるんだろうか。

成功者は言います。

「成功するまで続けることだよ」と。

「あきらめたら、そこで試合終了ですよ」と。

「そんなのただやればいいんだよ」と。

たしかに!たしかにその通り。ぐうの音もでない・・・。

それができないから苦しんでいるんですけど・・・と心の中でツッコミを入れているのは私だけではないはず。

「じゃあ、どうしたらいいんだよ」と心の中で叫んでいる私を含め、同じ思いを抱いている方に朗報です。

回答がありました!

■イチロー選手の引退インタビュー

3月22日に大リーグ、シアトルマリナーズのイチロー選手が現役引退を発表しました。
試合終了後に引退インタビューが行われ、その中で以下の言葉がありました。

言葉にすること。難しいかもしれないけど、言葉にして表現することというのは、目標に近づく一つの方法ではないかというふうに思っています

「できる」と思うから挑戦するのではなくて、「やりたい」と思えれば挑戦すればよい。 その時に、どんな結果が出ようとも、後悔はないと思うんですよね

自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけられれば、それに向かってエネルギーを注げるので。そういうものを早く見つけて欲しいなと思います

子供たちに向けてメッセージを!と記者から依頼された時のイチロー選手の回答です。

■明日からどうしたらよいか

結論としては、一昔前に流行った「好きなことをやれ」というものでした。

何かの分野で成果を出すには、好きなもの、熱中できるものを見つけて、そこにエネルギーを注ぎ込めむことです。

イチロー選手はそれができたからこそ、あれだけの成果を手にすることができました。

よくプロになるには1万時間が必要だと言われます。

一日3時間費やしたとして、
10,000時間 ÷ 3時間 =3,333日
一年間続けたとして、
3,333日 ÷ 365日 = 9.12年
約9年間かかります。

そこまで「継続」できることって、確かに「好きなこと」でないと無理ですね。

成果を出したいことは、きっと人それぞれだと思います。

成果を出したいことを選ぶ際には、早い!簡単!楽ちん!といったことに踊らされずに自分が「好きなこと」「やってみたい」と思うことを基準にすべきです。

自分のことを振り返ってみると、早い!簡単!楽ちん!なことを選んでいました。

新年度が始まるあたり、再度「自分の好きなこと」は何かを見つめてみましょう。

ちなみに私の「好きなこと」はプログラミング、システム開発に関する知識を習得すること、人に教えること、です。

純粋に「好き」というよりは「興味があること」「得意なこと」だと思いますが、「やってみよう」という意欲はとてもあります。

みなさんもぜひ、新年度が始まってからでも遅くはないと思いますので、成果を出したいことを改めて考えてみて、取り組んでください。


残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法 (幻冬舎文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です