【プログラミング】プログラミング学習のコツ

■結論

プログラミング学習のコツは、とにかく継続すること。

細かいことに最初からこだわらず、全体像をとらえて理解するようにする。

教科書、本、カリキュラムなどの内容を1ページ1ページ、1語1語をすべて理解しようとせず、なんとなくで構わないから最初から最後までざっと読む。

手を動かしながら、教材の通りにやってみて、自分で打ち込んだプログラムがちゃんと動くことを確認する。

当然、わからないことやエラーが出てくるが、その時その時に調べて理解し、解決していく。

その繰り返し。

ひたすら継続する。

それができれば、スキルは徐々に上がっていく。

■ツイート内容

プログラミング初心者がおちいりがちなことのひとつとして、すべてをちゃんと理解しようとすることがある。
細かいことをすべて理解しないと気が済まないのか、心配なのかわからないけど、とにかくこだわる人がいる。
しょせんすべてを理解することなどできないのだから流してしまってもよい。

プログラミングではつどつど調べて解決していくようにした方がよい。
まずは教科書、本、カリキュラムに、書いてあることをわからなくても受け入れて全体像を把握することを心がけよう。
全体像を把握してから、細かいことをブレイクダウンして理解していく。
一度ですべてを理解しようとしない。

何度も繰り返すことが大事。
繰り返すことで、頭に入ってくるし、理解も深まっていく。
そして一番大事なことは続けること。
継続は力なり、は間違いなく正しい。
当たり前のことだけど、みんなできないから、できた人は突き抜ける。
日々自分に言い聞かせるし、十年前の自分にアドバイスしたい。

■根拠

プログラミングスクールの講師をしていると、初心者ほど間違った考え方で学習をしようとしている。

例えば、カリキュラムがあったとして、そのカリキュラムのすべてを理解しようとすることだ。

学校での勉強のやり方が抜けないのか、とにかく一つ一つの細かいことを気にしすぎる人がいる。

どんなに頑張ってもすべてを一度で理解することは不可能なのだから。
人は学習しても忘れていく。

多少わからないことがあっても、ドンドン先に進み、最初から最後までをザっと読む方がよい。

全体像を把握することの方が大事だ。

そして繰り返すこと。

継続は力なり、という言葉は間違いなく正しいのだ。

続けていくことで、理解も深まっていくし、対処方法も学ぶことができる。

だから続けていくさえできれば、いずれスキルも上がっていき、いろいろなことができるようになる。

注意点が一つ。

人には、好き嫌い、向き不向き、がある。

頑張っても好きになれない、明らかに向いていない、と思ったら止めることもOK.

そういう時は続けられないから、判断するまでもないと思うけど。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です