【プログラミング】プログラミングができるだけでは足りない

■結論

プログラミングはある一定期間学習すれば、ある程度はできるようになる。

しかし、お客さんに言われるがままプログラムを作っていると、できたということだけで目的を達成してしまったと考えてしまいがちだ。

それは大間違いだ。

作ったプログラムがちゃんとお客さんが望んでいるもので、かつお客さんの役に立つものになっている。
そうして初めてプログラム作成を通して価値を提供したことになる。

作ることだけ考えて、できたらそれで終わり、という考えにならないように。

■ツイート内容

プログラミングができることはとても素晴らしいことなんだけど、作るプログラムがホントにお客さんのためになっているのか?という視点も持っておいたほうがよい。
お客さんに喜ばれないプログラムを作ることほど、ムダな作業はない。
お客さんに価値を提供できるプログラムを作ろう。

ただ、プログラミングができる人だとコーダーになってしまう。
プログラムが作れるだけでよしとせず、プログラム作成を通してお客さんに価値を提供すること。
そういう視点を持ってプログラミングを学んでいくと、見えなかったものが見えてくる。
それが見えたら、メッチャ成長してる。

■根拠

お客さんはプログラミングについては素人だ。

システム化さえできれば、問題課題は解決すると考えがちだ。

しかし、お客さんがいうシステム化は本当の意味でも問題課題の解決になっていないことも多々ある。

お客さんの要望を聞き、それが真に問題課題の解決につながるのか?をしっかり見極めよう。

それをあやふやなままプログラムを作成してしまい、お客さんの役に立たない、使われないシステムができあがってしまうと、それに投入したリソースはムダになってしまう。

プログラミングができるようになったことで満足せず、お客さんのビジネスにどう貢献するか。

そこまで考えられるプログラマーを目指すべき。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です