【プログラミング】開発環境構築は大変だ!

■結論

世の中、便利になっていく。
しかし、便利になればなるほど、失われていくものもある。

プログラミングに関していうと、昔は紙に書いて机上デバッグなどやっていたが、今はパソコン内でリアルタイムでデバッグを行うことができる。

開発環境もクラウドサービスにより、誰でも簡単に構築できるようになった。

ただ、クラウドサービスは利用した時間だけお金を払わなければならない。
初心者の段階で長く使っているとそれだけお金が飛んでいく。

もちろん、パソコン内に開発環境を構築すること可能だが、初心者にはハードルが高い。

クラウドを利用してお金を払うか、頑張ってパソコン内に環境を構築するか。

悩ましいところだが、頑張ってパソコン内に環境を構築することだ。

大変だが、その分サーバーに関する知識や経験が得られるので、マイナスではない。
ただ、初心者にはハードルが高い!というだけ。

■ツイート内容

Webアプリケーションの開発環境を作るのは大変だ。
訳のわからないエラーばかり出て、なかなか終わりが見えない。
でも、それらを経験してスキルとなっていく。
プログラミングだけでは生き残れない。
環境構築しながら、インフラのスキルも身につけるべき。
クラウドは特に必須になりつつある。

■根拠

以前はプログラミング初心者はクラウドサービスを使ってまずはプログラミングができる環境を手に入れる方がよいと思っていた。
実際、プログラミングスクールではCloud9のようなサービスを利用することを推奨している。

だが今改めて考えると、プログラマーを本気で目指そうと思っている人ならば、最初の段階から環境構築のハードルくらい超えられないでどうするのだろう?

いずれはやらないといけない分野でもあるので、最初からやってしまえばよい。

ハードルはメッチャ高いけど・・・。

やって損はない。自分のスキルが上がるメリットもある。

ぜひ挑戦しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です