【プログラミング】超初心者が同時に学習すべきプログラミング言語【アドバイス】

プログラミングを勉強し始めたんだけど、一つだけでよいのかな?
関連するプログラミング言語を理解した方がよいのかな?

この記事はこんな疑問にお答えします。

本記事の内容
・選ぶべきプログラミング言語とは?
・関連するプログラミング言語も学んだ方がよいか?
・ひと塊で学ぶべき

■選ぶべきプログラミング言語とは?

「プログラミングを勉強しようと思うんだけど、何から始めたらいいかな」
「たくさんあるプログラミング言語は、それぞれ特徴があるし、処理の向き不向きもあるよ」
「初心者がどれがよいかなんてわからないよ」
「何をやるかによるんだけど、特に決まっていないなら、このプログラム言語からやるといいよ」

プログラミングを始める際に、悩むのはどのプログラミング言語を学べばよいかではないでしょうか。

本来、プログラミング言語には特徴があって処理をする内容によって、適切なプログラミング言語を学ぶべきなのですが、特に決まっていないのであれば、Web系のプログラミング言語を選ぶと良いでしょう。

あなたの目的が、プログラミング言語を学んで、プログラマーとしてお金を稼ぐことであれば、できるだけ苦しまずに(長期間かからずに)、需要がある(仕事がある)言語を学ぶべきです。

極端に偏った処理でなければ、どの言語でも基本的には処理は実現できます。
表現の方法が違うだけで。

なのでどのプログラミング言語を選んでも間違いではありません。

そうはいっても、最初はとっつきやすい言語からやった方があまり壁にぶつからずにそれなりにプログラムが組めるように早くなれるので、やりやすいものから始めましょう。

その上で慣れてきて、「もっと違う言語も学びたい!」となったら、別の言語にもトライしてみましょう。

僕が学んでいて、わかりやすいと思ってものを挙げておきます。
あくまでも参考としてください。唯一の正解なんてないのですから。

まず最初に
・HTML と CSS
を学びましょう。

その次に
・javascript

・PHP
のどちらかを学びましょう。

ただこれは順番の問題だけで、最終的にはどちらも学んでおきべき言語です。

そのあとに
・jQuery

・Laravel
を学びましょう。

これはjavascript と PHP のフレームワークなので、セットで学んでも良いかと思います。

その他には
・MySQL
も必要です。

ここまでをセットで学んでおけば、Web系のプログラムにおいてはできないことはなくなるでしょう。

分類としては以下の通りになります。
画面          :HTML CSS
サーバーサイドの処理  :PHP Laravel
クライアントサイドの処理:javascript jQuery
データベースの処理   :MySQL

■関連するプログラミング言語も学んだ方がよいか?

HTML と CSS はブラウザの画面表示のための言語(プログラミング言語とはいいがたいですが・・・) なので、セットで学習しないといけません。

僕は最初CSSがまったく理解できなくて苦しんでいました。

でも50歳を超えて再度学びなおしたところ、ちゃんと基礎からやればできることがわかりました。

昔はCOBOLのプログラマーだったので、Web系というだけで苦手意識があったのだと思います。

HTML と CSS は画面上に表示するレイアウトを決めるためのものです。
画面をどのように割り振って、言葉や画像をどのように表記したどこに位置付けるか、といったことを指定していくだけのものです(理解できるまでは苦労しますが・・・)。

javascript と jQuery はブラウザ上で何か処理をしたいときに使うプログラミング言語です。
(サーバーサイドでも動かすことはできますが、いったんここはわかりやすくするためにクライアントサイドで動くものとしておきます)

画面上に動きを与えたり、クライアントサイドで処理した方が良かったり、サーバーサイドの負荷を減らすために処理したり、といったことのためにロジックを組みます。

PHP と Laravel はサーバーサイドで処理をするためのプログラミング言語です。

画面上などで入力した値を受け取って処理を行い、処理結果を画面に返したり、データベースに更新したりします。

javascript と PHP は両方学ぶと、結構似た表現の処理なので、後から学ぶ方は割とわかりやすかったりします。

HTML や CSS と連動して処理することになるのでjavascript と PHP は両方学んでおいた方がよいでしょう。

MySQLはデータベースを構築したり、データを登録したり更新したり削除したりするための言語なので、個別に学習していきましょう。

最初は何がなんだかわからないと思いますが、とにかくインプットしていきましょう。

どのような学習でもそうですが、ある一定水準まではとにかくインプットしていく必要があります。

ある一定水準を超えてくると、いろいろと学んだことが結びついてきます。
点と点が結びつく感じです。
その結びつきが多くなってくるとそれらの点を結んだ部分が理解の範囲として覆われてきます。
そうなればもうあとは楽に理解できるようになっていきます。

なので、最初がやはりシンドイです。

■まとめ

繰り返しになりますが、プログラミングを学ぶのであれば、Web系のプログラミング言語を選びましょう。
(検証しやすいというのもありますし、実際のインターネット上の動いているものなのでイメージしやすいということもあります)

1.HTML & CSS
2.javascript or PHP
3.jQuery or Laravel
4.MySQL

もちろんこれが正解ではありませんので、興味があれば Python でも Ruby でもよいかと思います。

プログラミング言語を学んでみて、面白い!と思えたら、きっといろいろな言語を学びたいと思うようになると思いますので、最初に選ぶ時にあまり悩まないようにした方がよいです。

ぶっちゃけ、どれも同じようなものです(言い過ぎかもしれませんが・・・)。

迷っている時間がもったいないです。
その時間を学習に当てて少しでも前進した方がよっぽど良いと思います。

頑張っていきましょう。

スポンサードサーチ

プログラミング入門講座――基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です