【プログラミング】最新の技術やサービスに敏感であるべし

■結論

あるプログラミング言語をマスターすると、その言語を使った仕事ばかりをすることになる。

やればやるほどスキルは上がり、効率的にアプリケーションを作ることができるようになる。

そのこと自体は良いのだが、そこに安住して新しいことにチャレンジしなくなってしまいがち。

IT業界は進化の速度が速いから、うかうかしていると取り残されてしまう。

常に新しい技術やサービスに対してアンテナを張って敏感でいないと、気がついたら古臭い技術に固執する困ったエンジニアになっていた・・・なんてことになりかねない。

プログラマーでも常に新しいことに興味を持つ好奇心を持ち続けることが必要だ。

■ツイート内容

プログラマーであっても、最新の技術やサービスには敏感でないといけない。
世の中はどんどん進化していくので、ちゃんとついていかないと置いて行かれてしまう。
IT業界は特にスピードが速いので、気をつけていないと時代遅れの技術にしがみついていることになる。
常にアンテナを張っておこう。

■根拠

世の中はどんどん進化して便利になっていく。

その進化についていかないと、とても損をすることになる。

クレジットカードは怖いから現金で支払いをする人がいる。

スマホはわからないからガラケーを使い続ける人がいる。

現金の入出金のためにATMに並んで引き出しや預け入れをする人がいる。

こういったことはすべてパソコンやスマホでできる世の中なのに、である。

今でも上記のような行為を続けている人は、こうしたことに対して得られた利益や無駄に使ってしまっている時間といったことに目を向けない。

テクノロジーの進化は人間の生活を明らかに便利にしてくれているのだ。

こうした変化を受け入れないことは、大きな損失になっていることに気がつかないことはとてももったいないことだ。

同じようなことがIT業界にもある。

むしろIT業界の方が進化が速いので、要注意だ。

プログラマーはスキルを身につけて満足してしまう可能性があるから気をつけないといけない。

進化に合わせて自分も変えていかないと、いつの間にか時代遅れのプログラマーになってしまうかもしれない。

新しい技術やサービス、世の中の変化に敏感に反応し、積極的に取り入れる姿勢でいよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です