【プログラミング】プログラマーにとって開発環境構築は必須スキルである

■結論

Webアプリケーションは、通常オープンソースソフトウェア(OSS)の言語で作られている。

Web、つまりインターネットの広がりは、ライセンスフリーのオープンソースによって拡大、浸透してきたからであろう。

サーバーサイド上で動くアプリケーションはOSSのサーバーであるLinux系のOS上で動く。

プログラマーは開発環境や実際の本番環境について、しっかり理解しておく必要がある。

今後はプログラマーはただプログラムをコーディング(アプリケーションのロジックを打ち込んでいくこと)だけしかできないではなくプログラムを動かしてテストする開発環境や実際のサービスを提供する本番環境においても、知識や理解が求められるからだ。

■ツイート内容

Webアプリケーションのプログラミングを学んでいる人は、オープンソースの環境構築の知識は必須だ。
もしその知識がないままアプリ開発を請け負うと手痛い目にあう。
最初はプログラミング学習優先でかまわないけど、必須科目として認識しておいた方がよい。
忘れずに学んでほしい。

■根拠

Webアプリケーションの作成の依頼主であるお客さんからすると、プログラミングはできるけど、環境構築はできません、と言う人ととプログラミングも環境構築もできます、と言う人のどちらにやってもらいたいと思うだろうか。

それはもちろん環境構築もできるという人であろう。

他の人との差別化という意味でも環境構築をできる人になっておいた方がよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です