転職は数多く応募が基本です【経験談】

今の会社にいても先が見えているから、転職したいなと考えているは以下のような不安を抱えているのではないでしょうか。

・雇ってくれる会社なんて見つかるのかな
・今よりも良い会社はあるだろうか
・転職したことがないからなんとなく不安だ

そんなあなたに転職にあたって、情報を共有しておきたいと思います。

・転職活動はどんなものか理解できる
・内定をもらえる確率がわかる
・どうすればよいかがわかる

結論から言います。
転職活動を続けていると、自分に合った会社は見つかります。
ただし、かなりの数の会社に応募することが必要です。

転職の前提として、パッと簡単に自分に合った会社が見つかるはずがありません。
理想を描きがちですが、耳障りのことだけ言っても何の役にも立ちませんから、厳しい(人によっては)現実もあることを理解しておく必要があります。

私は転職したことがあります。
転職にあたって、いくつかのエージェントと呼ばれる会社に問い合わせをして、登録をしました。
その中で説明会や個別面談の良さで「リクルートエージェント」さんを選び、活動をしていきました。

エージェントの方の勧められるまま、たくさんの会社に書類を送り応募をしました。
その数、約60です。

ほとんどの会社は、書類選考で落とされました。
書類選考が通ったのは1割の6社です。

書類選考が通り、面接して最終面接まで行けたのは3社です。

つまり・・・
60 → 6 → 3
なので最終面接まで行き、内定を取れたのは5%です。

これを多いとみるか、少ないとみるかは人それぞれだと思いますが、かんり現実的な数値なのではないかと思っています。
もちろん、その時の状況や自分の年齢など、様々な要素が絡みあっているので、一概には言えないです。
でも一つの目安にはなるのではないでしょうか。

転職活動開始当初は、書類選考なんてすぐ通って、バンバン面接できるものと自信を持っていました。
(それなりにスキルや能力はあると自負していたので・・・)

ところが始めてみると、落ちる落ちる・・・書類選考で!
就職活動をした方ならわかると思いますが、通知が来て「ご期待に添えない結果となりました」という一文を見た時の心の落胆・・・。
全人格を否定されたかのようなショック。
もちろんそんなことはないのですが、当事者はやはりショックを受けるわけです。
それが何回も何回も何回も・・・続くのですから、心が折れてもおかしくないです。

実際、私も何度も心が折れました。
「俺ってダメな人間なのかな・・・」
落ち込んで一人泣きながら歩いて帰ったことも一度や二度ではありません。

少なくとも54回はそういう思いを経験しました。

そういう話を聞くと、「いや私そんなの耐えられない」と思う方もいるかもしれません。
ですが、ちょっと安心してください。

ある一定の数をこなしていくと、書類選考を通過する会社が出てきます。
私の経験からすると10%、1割ですね。
10社応募して1社から書類選考通過の連絡が来るかどうか・・・。

無事書類選考を通過しても、実際に面接に行ってみると、なんとなく会話がかみ合わなかったり、盛り上がらなかったり、ちょっとイメージと違ったりする会社が半分あります。

そして最終面接まで行く会社は、逆にそれまでの道のりが嘘だったかのように、すんなりトントン拍子で内定が決まってしまいます。
あれは何なんですかね。
ホント、拍子抜けするとはこういうことか、という経験ができます。
それぐらい自分に合った会社だとスムーズに事が進みます。

もし仮に、こういったことはないと思いますが・・・
50社応募して、1社も書類選考できなかったとしたら、あなたに何か根本的な原因があると思います。
清潔にしていないとか、目を合わせて話ができないとか、基本的なマナーができてないとか・・・。
要は人として何かが欠落している可能性があると疑った方がよいと思います。
そうでない方は、50社応募すれば何社かは書類選考通過するはずです。
そしてその中の何社かは最終面接まで行き、内定をもらえるでしょう。

結論
転職活動は、数多く応募し、必ず自分に合った会社があると信じて動くこと。

頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です