【仕事】人を変えようとすることほど無駄なことはない

■結論

会社の中で他人にこう動いてもらいたいからアレコレ言って人を動かそうとする人がいる。

家庭内で親が子供にああしなさい、こうしなさいと言って言うことをきかせようとする。

これらは人を変えることができる、という前提に立っている。

だが、実際には変わることはほとんどない。

唯一変わるのは、その人自身が変わらなきゃいけないと心底思った時である。

そのきっかけが自分以外の人の言葉である場合もあるが、それでも変わるか変わらないかはその人自身次第である。

人を変えることができると思い、いろいろとその人に関わることは無駄な時間を使うことになる。

もちろん良かれと思い、アドバイスや情報を与えることはやった方がよいがそれでその人を変えられると思わないことだ。

■ツイート内容

人を変えることはできない。
その人自身が心から変わろうとしない限り、人は変わることはない。
世の中には自分の外の世界のせいにして、自分自身を変えようとせず、外の世界を変えようとする人がほとんどだ。
だが、その思いや行動は実現することはない。
変えないといけないのは自分自身。

■根拠

人を変えようとする心の奥底にあるのは、自分の思う通りに動いてほしいと思う気持ちがあるからではないだろうか。

要は自分自身にとって都合のよい人になってくれ!ということなのではないだろうか。

現状が自分自身にとって不都合な状態になっているから、自分自身のために自分自身にとって都合のよい状態にしたいという気持ちがどこかにあるからだと思う。

あなたのためを思って言ってあげていると思っているのかもしれないが、実は逆なのではないか。

そもそも人を変えることができると思うことこそ間違いだ。

人は変えられない、人は自分自身で変わろうとして変わるのだ。

もし自分に都合のよい状態を作りたいなら、自分自身が変わることだ。

そうすれば自分の見えている世界は変わってくる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です