【仕事】知っていることとできることは違う

■結論

知っていることとできることは違う。雲泥の差がある。

ついつい知っていることで、自分はできると錯覚してしまう場合がある。

知っているとは、知識を持っているということ。

知識は、しょせん知識でしかない。

知識を元に、実際にやってみて経験し、何度も何度も失敗を繰り返す。
最初から上手くできる人などいない。

繰り返す中で、徐々にできるようになり上手になっていく。
最初からすべて上手くいき、ただの一度も失敗しないで成果を手にすることなどできない。

できるようになった時に、スキルとして身についたことになる。

最初から上手くいくはずはないとわかっているのに、知識を得るとできると錯覚する。夢を見る。
できないと続ける努力をせずに、自分には才能がない、とあきらめて自分を納得させる。

知っていることとできることは違う。

できるようになるまで続けるのか、あきらめて止めてしまうのか、それは自分次第だ。

■ツイート内容

知識はただ知識でしかない。
知識を元に経験し、何度も何度も失敗を繰り返してできるようになり、スキルとして身についていく。
最初からすべて上手くいき、ただの一度も失敗せずに成果を手にすることなどできない。
わかっているはずなのに、できると夢を見る。
知っているととと、できることは違う。

■根拠

知識を得るとそこで満足してしまいがちである。

なぜだか知識を得て、頭の中でできると納得してしまう。

ホントは全然できないのに。というかチャレンジすらしていないのに。

まずはやってみる。当然できない。でもあきらめずに続けていく。

シンプルなんだけど、努力することは大変だから、楽な方に逃げているだけだ。

過去に自分に言ってやりたい。

やる前からあきらめてどうすんだ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です