AWSにトライする。 
言葉の定義を理解する(VPCとサブネット)

AWSにシステムを構築しようとする時、似たような言葉が出てきて混乱することはないですか。

「VPCとサブネットってどんな位置づけ?」
「パブリックIPアドレスとパブリックサブネットって同じもの?」
「プライベートIPアドレスとプライベートサブネットって意味は一緒?」

こんな疑問を持っている方に疑問を解消する記事です。

まずは言葉の定義です。

VPC:Virtual Private Cloud
Amazon Web Services(以下、AWS) で提供される、AWS内に構築される仮想ネットワークのことです。

パブリックIPアドレス
インターネット上で示される位置情報です(通常、インターネット上の住所という説明のされ方をします)。
別名グローバルIPアドレスとも言います。インターネット上で同じIPアドレスは存在しません。

プライベートIPアドレス
IPアドレス全体の中で、ローカルなネットワーク上で使用することが許可されたIPアドレスです。
IPアドレスの不足を補うために利用されています。

パブリックサブネット
VPCの中で、さらに細かくネットワークを分けることができます。分けたネットワークのことをサブネットと呼びます。
分けたネットワークの中で、インターネットと直接つなげるようにしたサブネットのことをパブリックサブネットと呼びます。

プライベートサブネット
サブネットの中で、インターネットと直接つなげなようにしたサブネットのことをプライベートサブネットと呼びます。

パブリックおよびプライベートという同じ言葉を使って用語を作っているので、混乱してしまうかもしれません。
整理して理解すれば、必ず理解できますから、落ち着いて整理しましょう。

再度、整理です。
パブリックIPアドレスとプライベートIPアドレスは、そもそもIPアドレス全体の中での使い方の割り振り(範囲)のことを指しています。
VPCはAWS内のローカルなネットワークですから、VPCの中で使われるIPアドレスは、当然プライベートIPアドレスになります。
VPCの中を分割したネットワークのことをサブネットと呼び、サブネットの中でもインターネットに接続するものをパブリックサブネットと呼び、接続しないものをプライベートサブネットと呼んでいます。

どうでしょうか。理解できたでしょうか。

頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です