AWSにトライする。 サーバの種類は何がある?

サーバの構築って、昔は本当にインフラ担当の人のお仕事って感じでした。
いわゆるシステムの運用を担当する部署に所属する人がインフラ構築担当をしていました。

なので、私のようにアプリケーション開発を担当していた身としては、まったくの未知の世界。
インフラ担当の人は、本当に専門職ってイメージです。

でも、今はクラウド環境にサーバ構築が簡単にできてしまうようになり、Webシステムを素早く構築し公開していくためには、サーバ構築の知識も必要になっています。

そういうことで、今サーバ構築を一生懸命学びつつ、実際に構築をしています。

そもそもサーバって、どういう種類があるんだっけ?

大くくりに分けると・・・
・Windows系
・UNIX系
に分かれます。

Windows は言うまでもありませんね。
Microsoft社のパソコンOSで有名なWindowsにもサーバ版があると理解すればよいです。
同じWindowsですから、基本的な操作方法は一緒です(もちろんサーバ機能は別ですよ)。

UNIXは、いろいろ複雑で、一言では表しきれないです。
というのは、流派が分かれていて種類がたくさんある、からです。
有名なのは、Linux系ですね。
おぉっ~と、ここでもなぜ系と言うか?
お察しの通り、Linux系の中にも流派がたくさん分かれているからです。

・Linux系
Red Hat EL、CentOS、Debian、Ubuntu、SUSE、・・・。
この中でも有償のものと無償のものがあります。

他にも、BSD系、Solaris系などがあります。

BSD系には、Apple社のmacOSがいます。

Solaris系は、そのものズバリのSolarisがあります。
サン・マイクロシステムズ社が開発し、現在はOracle社が開発をしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です