【仕事】長時間小成果を短時間大成果に劇的に変える方法【アドバイス】

いつも仕事に追われているのはなぜなんだろうか?
長時間働いているのに成果が大きくでないのはなぜなのか?

この記事はこんな疑問にお答えします。

本記事の内容
・仕事に追われている原因
・社内の現実に効果的な方法
・成果が出ることは間違いないが・・・でも

■仕事に追われている原因

「あ~あ、今日も残業か・・・」
「毎日毎日こんなに働いているのにどうしていつも仕事に追われているんだろう?」

会社って不思議なところですよね。
次から次へと仕事が降ってくるんですから。

毎日毎日一生懸命働いているのに、全然仕事減らないし、早く帰れないし、残業時間も凄いことになってるし・・・。

おそらくどこの会社も同じだろうと思いますが、定時で仕事が終わって業務終了となるところはほとんどないはずです。

つまり、残業しないと会社の業務が回らないようになっているのです。

これって変ですよね。少なくとも僕は変だと思います。

ところがその状況が異常だ、おかしいと思っている人は会社の中にはほとんどいません。

みんなそれが当たり前となっているのです。
見て見ぬふりをしているのか、素直に受け入れているのか、わからないのですが、どこの職場でもきっと同じでしょう。

■社内の現実に対する効果的な方法

このような現実を目の前にしてどうしたらよいのでしょうか。

ここに一冊の本があります。

『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』

僕が今まで何百と読んできたビジネス書のなかで、最もすぐれた本です。
(大げさでなく・・・本当にそう思っています)

この方法を実践できたら、必ず大きな成果を手に入れることができるでしょう。
ただし、実践できたら、の話ですが・・・。

仕事をする際によく言われることの一つに、優先順位をつけてから優先度の高いものから着手しなさいというものがあります。

言われていることはまさにその通りなのですが、ちゃんと実践できている人はほとんどいないでしょう(僕自身も含めて)。

本来10の仕事があった場合、優先順位をつけて、優先度の高い仕事にのみ専念すべきところのはずですが、10の仕事すべてを同じようにやらないといけないということにいつの間にかなってしまっています。

そしてそのことに何の疑問も抱かず当たり前のように、全員がその考え方で仕事をしているのです。

この異常な非効率的で非生産的なやり方は、会社の中での日常となっています。

時間は有限なのに、あたかも無限に時間があるかのごとく、仕事をしているのです。

上司は部下に仕事の指示を出す際、部下が仕事を10手がけているところに新たに重要な仕事の指示は出すものの、他の10の仕事に対する指示はいっさいしないのです。

当然あふれる仕事が出てくるのですが、それについては何も指示がなく、それも含めて仕事をこなすのが当たり前という前提なのです。

会社で働いている人々は基本みんな真面目なので、そのあふれた仕事も含め、ちゃんとやらなくちゃと思い、こなそうとしてしまいます。

あふれた仕事を残業や休日出勤などでなんとかしようとするのです。
よく稼働率を上げて対処します!などと言われますね・・・。

今世の中では「働き方改革」が叫ばれていますが、残業時間を減らしましょうなどと言っても人々の根本的な考え方、意識、行動が変わらない限り、何も変わらないでしょう。

そういった考え方に基づく働き方ではなく、最少の時間で成果を最大にする働き方が「エッセンシャル思考」というわけです。

エッセンシャル思考とは、「99%の無駄を捨て1%に集中する方法」です。

以下重要な箇所を抜粋すると・・・

エッセンシャル思考は、より多くのことをやりとげる技術ではない。
正しいことをやりとげる 技術だ。
もちろん、少なければいいというものでもない。
自分の時間とエネルギーをもっとも 効果的に配分し、重要な仕事で最大の成果を上げるのが、エッセンシャル思考の狙いである。

非エッセンシャル思考の人は、大多数のものごとが重要だと考える。
エッセンシャル思考の人は、大多数のものごとが不要だと考える。

以上引用終わり。

会社の中で働いている人の99%は非エッセンシャル思考の人です。
もちろん、誰でも「あなたは非エッセンシャル思考で働いていますか?」と問われれば、100%違うと答えるはずです。

そして「仕事には優先順位をつけて優先度の高いものから着手しています」と 答えることでしょう。

でも、そう答える人の行動を見ていればわかりますが、たいていはすべての仕事を時間をかけて、つまり残業をして終わらせようとしています。

会社の中はこうして日々回っていくのです。

なんて素敵な場所でしょうか。

■成果が出ることは間違いないが・・・でも

『エッセンシャル思考』を読んで、納得しない人はまずいないでしょう。

ただ、実践できる人はほぼゼロだと思います。

結局、真の意味で優先順位づけをして仕事をしている人はいないのです。

今まで積み重ねて習慣化しているやり方を変えることはなかなかできないからです。

そして何も変わらないまま、いつの間にか同じ非効率で非生産的な方法で日々仕事をしていくのです。

こうした状況を踏まえて、逆に言えば多くの人がわかっていてもやらないからこそ、実践する人は大きな成果を手にすることができるのです。

やり方は簡単です。

1.自分がやるべき仕事は何かを見極める。
2.やるべきでないと判断した仕事は断る。
3.やるべき仕事に集中する。

これだけです。シンプルでしょ。

ぜひ本を読んで実践してみてください。

人生が変わるはずです。

スポンサードサーチ
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です